Excel 2007で入力するデータをドロップダウンリストから選択する方法

Excel 2007でドロップダウンリストを作成する方法です

※掲載動画の著作権は弊社に帰属します。弊社の許諾を得ず、無断で転載することはできません。
  • この動画を別ウィンドウで開く
  • この動画はいかがでしたか?

    大変役に立った 参考になった あまり参考にならなかった 役に立たなかった
ご意見、ありがとうございました。
ほかにコメント等ございましたらお気軽にご入力ください。
※ご入力いただいた内容は動画制作・改善を目的とし、お客様への返信はおこなっておりませんので
ご了承ください。

ご投稿、ありがとうございました。
1.Excel 2007でドロップダウンリストを作成する方法
2.Excel 2007で表を作成するとき、複数の決まった項目をセルの1つ1つに入力するのに手間がかかります
3.このような場合、ドロップダウンリストを使用すると便利です
4.Excel 2007を起動している状態です
5.あらかじめ、決まった入力項目名を入力したいセルとは別のセルに用意しておきます
6.ドロップダウンリストで使用するセルをドラッグして選択します
7.[データ]タブをクリックします
8.[データの入力規則]をクリックします
9.[入力値の種類]の[▼]をクリックします
10.[リスト]を選択します
11.[元の値]をクリックします
12.ドロップダウンリストに使用する選択項目をドラッグして選択します
13.[×]をクリックします
14.[OK]をクリックします
15.ドロップダウンリストを設定することができました
16.ひとつひとつ入力しなくてもリストから選択することで入力ができます
以上で、Excel 2007でドロップダウンリストを作成する方法は完了です
  • カテゴリ
  • タグ Excel 2007
ページの先頭へ